下町ボブスレーのコンテナが海外に飛び立っていきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨日醍醐倉庫に下町ボブスレーのコンテナの引き取りがありました!

写真でもわかるようにコンテナは非常に大きい!!

※このコンテナの中に全長約2m65cm 全幅約85cm 全高約70cmのボブスレーが入ります。


DSC_8401.jpg

大事なコンテナですので、弊社のその道数十年のベテラン社員が丁寧に担当させて頂きました。

DSC_8422.jpg

無事にトラックに荷下ろしが完了し海外に飛び立っていきました♪

DSC_8483.jpg

▼弊社の前回の下町ボブスレーの記事▼

http://www.daigo-wh.co.jp/dblog/2017/05/post.html


余談ですが大田区は機械金属工業の工場数において区内全工場数の80%以上を占めている
まさに「多種多様な技術の集まった」地域でもあります!

特に多品種小ロットや試作品が得意な会社が多いです。


さらに余談ですが大田区発祥のもので有名な物に
「揚げパン」があります。

カリッとした食感と甘ーい砂糖がまぶしてある魅惑の揚げパンは
老若男女問わず垂涎の食べ物です。

話が少しズレてしまいましたが、
来年2月のピョンチャンオリンピックへの出場を目指す南国・ジャマイカの代表チームに採用されている
下町ボブスレーの機体ですが昨日大きな動きがありました。

大田区に本社を置くスカイマークが運航機の塗装に下町ボブスレーの絵柄を採用した事で注目が集まっています♪
http://bobsleigh.jp/


昨日10/5にオリンピック本番向けに作った新たなそりを披露しました。
ボディーはジャマイカの国旗をイメージし鮮やかな黄や緑で彩られていて、軽量化を図り、全長を約50cm削る事で
歩数を増やし、加速に重点に置いた機体となっているようです。

ボブスレーの開発費は18,000,000円超え!
弊社ではこの大事な下町ボブスレーの機体を運送時に格納するコンテナを預かっていますが
コンテナの役割とは非常に大きいと思っています。

輸送時に万が一、傷が付いたり、欠損してしまうと
機体本来の力が発揮できなくなってしまいます。

ボブスレーのスピードは最高時速で130km/hにもなり
体感速度200km/hとも言われております。

超スピードの機体で傷や欠損があると
そこの部分で空力が変わってしまうので機体本来の力が出せなくなってしまう訳です。


グループの責任者を務める細貝淳一さんは「日本向けの新型も開発を続けている」との
コメントもありましたので日本代表向けの開発も是非頑張って欲しいです!